ZiL Noble 白書

バンテックセールス社 ジル・ノーブルの装備と使い勝手をレポートしていきます。

blogタイトルは名ばかりの、あくまでも自己満足な内容ですが よろしくお願いします。

鳥取、繁華街の中心で車中泊

いつも仕事では頑張り屋さんの妻が帰宅した頃には、夜の9時を回っていました。 

 

「おかえり、お疲れ様。 ノーブルの準備できてるよ。 のんびり支度して出掛けようか」

 

22:00を過ぎてから、母に見送られてノーブルで出発です。

今回の目的地は鳥取です。

私が好物の 松葉ガニが禁漁になる前に食べにいくことにしました。

慌てる必要はありません。 こんな時間に出発できるのもノーブルが宿泊できる車だからこそ。 ホテルならチェックインがあるけれど、キャンピングカーは自分のペースが その日のタイムテーブルです。

 

今夜は「道の駅かわはら」で車中泊予定です。 

フワンフワンと縦に揺れるノーブルの助手席に妻を乗せて、夜の国道を走らせます。

ノーブルはキャブコンです。 それゆえにセダンの様な走りや乗り心地は 期待できません。 でも、特有の乗り心地に 決して辛く感じることはありません。

トップヘビーで横風に弱く、かなりマニアックな車ですが、むしろ運転好きの私には 今まで体感したことのない視界性や運転感が新鮮で、とても楽しい車です。

 

今日は瀬戸内から日本海側に進むルートです。 夜も遅いし道は空いています。

この冬は西日本も よく雪が降りました。

3月半ばの今日ですが、さすがに峠を越える標高まで登っていくと、道路の脇にはまだ残雪が沢山あります。

外気温は氷点下近くで、路面も薄っすらと白く凍結している様です。

 

ノーマルタイヤでの山越え。 怖いな。

本能的にスピードを抑え、コーナーのライン取りも慎重に運転しました。

こんな時は2速に減速です。 ノーブルのエンブレはよく効きます。

ライトも照射角度を運転席のダイヤルで調整できるので、やや下向きにし、更にフォグランプも点燈すれば かなり明るく成ります。

 

山からの湧き水で小さな沢が道路を横切っていたのでしょうか。

コーナーリング中に ほんの一瞬ケツを振られてドキッとしましたが、そこからは下り坂で次第に雪も無くなっていきました。

 

無事に峠を越えて、鳥取自動車道に乗ります。

高速道路への合流。 ノーブルのギアを2速に入れてアクセルをグンと踏み込むと一気に力強く加速します。

2000ccのガソリンエンジンは頼もしいです。 加速感は私の軽自動車より良いです。

 

程なく「道の駅かわはら」に到着しました。

もうすぐ2時です。

第一駐車場にも白いキャブコンが1台見えましたが、私達は第二駐車場に停めました。

その方が寝坊しても静かに眠れると考えたからです。

 

キャビンに移り窓のスクリーンを閉めると完全にプライベートな感覚になります。

パジャマに着替えてくつろぎます。

今夜の外気温は寒いくらいですが、FFヒーターの おかげで快適な室内です。

少しだけ寝酒を飲んで、ベッドルームへ。

 

このベッドルームが快適なんです。

ベッドとしての性能は勿論、ちょっとした個室空間としても有意義な装備です。

隣合わせたキッチンとの間のカーテンを閉めれば、こじんまりと落ち着いて眠れます。

このベッドルーム内にもFFヒーターの温もりが配慮されています。

 

ベッドの縁に溝があります。 この溝から ホワンと温もりが来ています。

手をかざしても風を感じず、柔らかく温め過ぎずに いい塩梅に来ています。

 f:id:ZiLNoble:20140331151150j:plain

  

この他、リビングからキッチン、シャワー&トイレルームまでFFヒーターの吹き出しをバランス良く配置してくれていて、とても よく考えているし、感心する程に実用性が高いFFヒーターシステムです。

 

手前に ひとつと、奥にも 吹き出し(リビングの足元用)が写っています。

f:id:ZiLNoble:20140331152328j:plain

  

シャワー&トイレルームの吹き出し。 写真中央下。

f:id:ZiLNoble:20140331151453j:plain

 

 

・・・第二駐車場を選んで正解でした。

朝を過ぎても静かでよく眠れました。

 

朝食は軽くカップスープで済ませ、遊びに出掛けます。

はじめに道の駅を散策後、再び鳥取自動車道に乗ります。

昨晩とは違い、今日は風が強いです。

制限時速の70km/hでは怖いくらいの風で、60~65km/hで走行して鳥取の市街地に下りました。

 

風に揺すられながら観光名所2カ所を巡り、明るいうちに鳥取駅北口の繁華街の中心地に移動です。

 

ノーブルをコインパーキングに入れられるだろうか?

今回が はじめてのコインP泊です。

5.2mあるノーブルですから、出庫の事まで計算してパーキングを探します。

老舗の銭湯すぐ脇のコインパーキングを選びました。

いい具合に出し入れできて、他の車の入・出庫にも迷惑が掛からない絶好のコインパーキングです。 他と比べて少し料金が高いためか、ガラ空きでした。

 

こうなれば銭湯で ひとっ風呂。

妻にノーブルのリモコンキーを渡し、自分はマスターキーを持って出ます。

 

私がノーブルに戻ると、先に風呂から上がった妻が キャビンで冷蔵庫のジュースを飲みながら涼んでいました。

こんなことが出来るのもノーブルが有るからこそ。 ノーブルは便利な移動するミニ別荘なんです。

 

汗も引いて身支度を整えたら、松葉ガニを食べに徒歩にて出掛けます。

はじめて歩く街、ちらほらとネオンの明かりが灯りだした繁華街を楽しみました。

 

地元の人が行く良心的な お値段の居酒屋さんで目的の松葉ガニを堪能して、ほろ酔い気分でノーブルに戻りました。

二人とも仕事&遊び疲れで、すぐに眠りにつきました。

 

街中なので騒音はどうかと心配でしたが、よく眠れました。 ぐっすりでした。

繁華街は意外に明け方を過ぎても静かなままでした。

 

明日からまた仕事。 今回は早めに帰る事にして、駐車料金を精算機に払います。 16時間停めて3,200円。 美味しい松葉ガニをリーズナブルに食べられた事だし、この便利な繁華街の中心に停め置けたことを考えれば安いもんです。

 

コインパーキングを出発すると、出勤・通学の車やバスに自転車、そして人が行き交っていました。

そうか、今日は月曜日だったな。

ついさっきまで居間にくつろぐ感覚で過ごしていたのに、いきなり現実社会にタイムスリップした様な、なんだか不思議な感覚に包まれていました。

 

今日は打って変わって風もなく穏やかな天気で、キャブコンには絶好のドライブ日和です。

ノーブルではじめての繁華街車中泊は、思った以上に楽しかったです。

「次の休みは何処の街に行ってみようか・・・・」 そんな事を妻と話しながら帰路につきました。

 

ノーブルを購入して、これまで以上に仕事の張り合いが沸いてきました。

しっかりと働いて、休日は思いっきりリフレッシュする!

ノーブルのおかげで、この次の休みが楽しみな メリハリのある生活を送れています。

 

 

 

広告を非表示にする