読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZiL Noble 白書

バンテックセールス社 ジル・ノーブルの装備と使い勝手をレポートしていきます。

blogタイトルは名ばかりの、あくまでも自己満足な内容ですが よろしくお願いします。

初めてのロングキャンプ 四国へ、5日目(快晴の太平洋を臨みながら高知へ編)

徳島県立「まぜのおかキャンプ場」でノーブルキャンプの5日目を迎えました。

夢の中で鳥のさえずりが聴こえてきます・・・

ベンチレーターから射しこむ柔らかな朝日で、目を覚ましました。 

 

「今日もよく寝むれたなー」ノーブルのベッドルームは快適です。

蒸し暑い夏の夜でもルームクーラーを効かせて、夫婦二人が並んで寝ても十分な広さがあります。 そして、何と言っても専用に開発された やや固めのベッドの寝心地は 腰も痛くなりませんし 最高です。

 

昨日とは打って変わって、今朝は快晴!

長旅をしていれば雨の降る日もあるけれど、今日は一番のお天気に恵まれました。

 

この広大なキャンプ場を利用していたのは私達だけ。 なんとも贅沢ですし、おかげで周りに気を遣うこともなく静かに過ごせました。

f:id:ZiLNoble:20140704071055j:plain

 

気持ちのよい朝ですから場内を散歩してみました。

展望所からの見晴らしが素晴らしく綺麗です。

f:id:ZiLNoble:20140704071402j:plain

青い海から繋がる水色の空に、緑豊かな山並みと白い雲、港から出た小さな漁船が ひき波を描いて・・・ 鳥達のさえずりを聞きながら心地よい風を感じています。

自然に包まれて これ程充実した施設なら、この地を訪れる度に利用したいキャンプ場です。

 

朝食は簡単に、妻はカップスープ、私は子供の頃に大好きだったチキンラーメンにお湯を注ぎます。

普段は買わないチキンラーメンなのに、ノーブルで食べようかと つい買ってしまいました。

f:id:ZiLNoble:20140704074202j:plain

こんなインスタントな朝食も、キャンプ場の景色を眺めながらノーブルのリビングで食べれば幸せに感じてきます。

温かいスープは胃にも優しいですし、これで今日も快調に遊べそうです。

 

恒例のアンペアチェックをしましょう。

ノーブルに外部電源を繋いであるので、ルームクーラーは除湿で入れたまま過ごしましたが、それでもしっかり充電できていて満充電の300Aです。

f:id:ZiLNoble:20140704084732j:plain

生活水も節水を気にすることなく使いました。

 

このキャンプも残すところ3日間。 ここで最後の水周り&トイレの処理と補給です。

諸作業を終えると ちょうどチェックアウトの10:00に成っていました。

こちらの料金ですが、昨日の12:00から22時間利用して4,600円でした。 (キャンピングカーサイト + 大人2名) ※H26年7月現在の料金です。

 

キャンプ場を後にして、ノーブルを国道55号線沿いに西へ走らせます。

今日のドライブはこれまでで一番の長丁場です。 一気に高知入りして競馬を楽しむんです。

 

太平洋沿いの海岸線は道の流れもスムーズで、快晴の景色が最高に気持ちいいです。 瀬戸内の海とは違い水平線が どこまでも続きます。

f:id:ZiLNoble:20140704111419j:plain

乗用車では味わえないノーブルの運転席からの眺めを満喫しながら、特有のフワンフワンの揺れに体をあずけてのドライブが楽しくてしかたありません。

 

30分程で竹ヶ島を左手に観ながら高知県に入りました。

名も知らぬ漁港を抜け・・・

f:id:ZiLNoble:20140704113823j:plain

 

途中で白いキャブコンとすれ違いました。 互いに手を振り合います。

これがキャブコン乗りには何とも嬉しい一瞬です。

 

室戸岬に差し掛かります。

f:id:ZiLNoble:20140704115059j:plain

室戸岬国定公園に指定されているので55号線沿いにそれなりのドライブイン等が在れば立寄りたかったのですが、見つけ方が悪いのか解らずに素通りしてしまいました。 またの機会にじっくり観て回りたいです。

 

キャンプ場を出発してから2時間。 休憩と昼食を兼ねて 道の駅「キラメッセ室戸」に寄ってみました。 ところが施設内のレストランは超満員で行列ができています。

よほど人気のレストランなんだと思いますが、お腹も空いているし ここで時間も使いたくないので先に進むことにしました。

 

40分も走ると、次の道の駅「田の駅屋」に到着です。 先程の海沿い絶景の「キラメッセ室戸」とは違い、国道沿いによくある道の駅で それ程混雑はしていません。

f:id:ZiLNoble:20140704125517j:plain

こちらでは鮮魚コーナーがあり、私は近海生マグロのお刺身を購入して、場内のレストランでご飯だけ注文して頂きました。

刺身好きの私には最高の御馳走で、かえってこちらの道の駅で正解でした。

f:id:ZiLNoble:20140704130247j:plain

 

安芸市に入り景色は街並みに変わりだしました。

これまで我が家を出発してから無給油できました。 この辺りで給油しておかなくてはなりません。

G.Sを見つけて入ります。

スタンドの方に「ガソリン、満タン」と伝えると、「ガソリンでいいんですか?」と訊き返されました。 ノーブルはトラックですし、ディーゼル車だと思ったようです。

 

ガソリンを満タンにして 、高知競馬場を目指します。

f:id:ZiLNoble:20140704141734j:plain

 

途中に、妻の提案で桂浜にて休憩を取りました。

f:id:ZiLNoble:20140704152243j:plain

駐車場にノーブルを停めて、少しの坂を登りきると桂浜が見渡せました。

f:id:ZiLNoble:20140704152916j:plain

ゆっくりしたいところですが・・・

今日は競馬もしたいので桂浜を眺めただけでノーブルに乗り込みました。

坂本竜馬も愛した綺麗な浜ですし またじっくり来てみたいです。

 

さあ、ここから競馬場は近くです。

今どきに成ってもカーナビを使わない派の私でして、手持ちの地図では詳細な道が解らずに少し迷ってしまいましたが、勘を頼りに到着しました。

 

高知競馬場です。

地方競馬特有の雰囲気が いいですねえ。

f:id:ZiLNoble:20140704161150j:plain

 

今日は場外開催で本場開催は明日ですが、高知競馬場が初めてなので場内の諸々に慣れておくために来ました。

f:id:ZiLNoble:20140704161934j:plain

場外発売なので空のパドックですが、緑に囲まれたいい競馬場です。 

f:id:ZiLNoble:20140704173844j:plain

 

競馬は3Rだけ遊んで、明るいうちに高知市内の中心に移動しました。

コインPを探します。

料金も安く、車中泊にも向いているパーキングを見つけました。

f:id:ZiLNoble:20140704183903j:plain

 

今日はここを拠点に夜まで遊びます。

はじめに近くの高級旅館「三翠園」の温泉を堪能し、ノーブルで身支度を整えてから「ひろめ市場」に向かいました。

 

私が大好きな「ひろめ市場」で、大好物のカツオを たんまり食べて 妻と二人 高知の夜を楽しみました。

 

「今夜は とっても楽しいです」、明日の競馬の作戦を二人で立てながら 少々飲み過ぎてしまいました。 

 

 今日は、一般道だけ使い160Km運転したので、ちょっと疲れました。

それでも、快晴の太平洋を眺めながらのドライブで 凄く気持ちがよかったです。

ノーブルが有るから こんな旅ができる。 時間に縛られずに、気の向くままの旅は 本当に楽しいです。

 

明日は本場開催の高知競馬です。

「いっちょう万馬券を当ててやるぞー・・・」なんて、高知の街を妻とほろ酔い気分でノーブルまで帰りました。

 

 

広告を非表示にする