読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZiL Noble 白書

バンテックセールス社 ジル・ノーブルの装備と使い勝手をレポートしていきます。

blogタイトルは名ばかりの、あくまでも自己満足な内容ですが よろしくお願いします。

初めてのロングキャンプ四国へ、6日目~最終日(高知競馬を満喫し、帰路へ編)

ノーブルの四国キャンプも終盤です。

 

ベンチレーターから射しこむ朝日に眩しさを感じつつもウトウトと・・・

目覚ましも掛けずに ぐうたらな寝起きで お行儀はよくありませんが、時間に縛られない旅行って普通なら ありえないですよね。

ホテルに泊まればチェックアウトがあります。 でも、ノーブルなら我が家ごと旅先に来ているのと同じ。 パジャマ姿のままで時間も気にせずに自分のペースで過ごせる休日の朝みたいで、キャブコンならでは なんです。

 

「そうか、昨夜は こんな所に泊まったんだよな」

まだカーテンは閉めたまま。 ベンチレーターから見上げると街の中心に居ることを実感します。

f:id:ZiLNoble:20140705084004j:plain

 

昨晩は それほど蒸し暑くなく、ベンチレーターを間欠運転のみで過ごせました。

クーラーを使わなかったのでサブバッテリーは234A残っています。

天気もよく、ソーラーパネルのおかげで朝からチャージ中です。

f:id:ZiLNoble:20140705120037j:plain

 

ノーブルのベンチレーターですが、吸・排気をスイッチひとつで切り替えられて 風量も3段階に調節できます。 場面に応じて使い方を変えています。

 

身支度を整えて、コインPにノーブルを停めたまま 徒歩にて「ひろめ市場」に出掛けました。 「高知に行ったら ひろめ市場!」と言うほど人気のスポットで、観光客だけでなく地元庶民の集いの場になっています。 

朝から賑わう「ひろめ市場」で朝食をとりました。 カツオのタタキで白いご飯は 最高に美味しかったです。

 

その後、商店街を少しブラブラ。 モーニング珈琲で まったりしてから 夜食を購入しノーブルに戻りました。 ノーブルには冷蔵庫があるので、生鮮食品も買い置きできて 旅先で とても便利です。 この冷蔵庫が有ると無いとでは、まったく違います。

 

さあ、これから四国旅行のメインイベント! 私達が一番楽しみにしていた「高知ナイター競馬」です。 高知競馬場は今回がはじめてですが、昨日 場内を下見してきたので競馬に集中できそうです。

11:30、コインPを出庫して競馬場に向かいます。

高知市内には路面電車が走っています。 お城も在るし、私が好きな いい雰囲気の街です。

f:id:ZiLNoble:20140705121416j:plain

 

ノーブルを走らせながら、妻と競馬の作戦で会話が弾みます。

万馬券、当てたいね」「狙い過ぎると当たらないから、中穴くらいがいいかな」・・・

ガソリンエンジンがとても静かです。 その代わりに、運転席のクーラーを作動させるとコンプレッサーの音ばかり目立って聞こえてきます。 と言っても助手席との会話には まったく問題ない範囲なのですが、エンジンが静かなだけに改善してほしい点です。

 

競馬場の看板が見えてきました。 もうすぐ到着です。

f:id:ZiLNoble:20140705122651j:plain

 

高知競馬は公営競馬です。 JRAとは違い、公営競馬はどこも赤字経営です。 私達家族が楽しみにしていた福山競馬も昨年(H25年)の春に閉鎖されてしまいました。 ファンとしては、せめて今なお頑張っている競馬場だけでも閉鎖されずに残ってほしいものです。

私の定年後の夢のひとつに、「妻とノーブルで全国の公営競馬場を巡る」と言うのがあるんです。 だから公営競馬、頑張れ!

 

今日のレースに閉鎖された福山競馬の馬が出走していました。 自分が応援していたロッキーダイヤ号です。 行き場が無くなる馬も居るのに、高知に転属できたんですね。 ここで再会できて嬉しいよ、また応援に来るからね。

 

夫婦で久しぶりに競馬を堪能しました。 やっぱり競馬は いいなあ。 また高知競馬を楽しみに来たいです。

本日のギャンブル成績ですが、私は11R打って9R当たり。 妻は6R当たりでした。 でも買い目は妻の方が上手くて、赤字で終えた私の分以上に儲けてくれて、収支はプラスでした。 うちの奥さん、ナイスでした。

 

競馬が終わってノーブルに戻ると21:00、日は落ちて真っ暗です。

今夜がロングキャンプ最後の車中泊に成ります。 昨夜に引続き「ひろめ市場」で遊びたいのは やまやまですが、明日の帰宅まで考えれば少しでも帰路を稼ぎたいところです。 なので帰路途中に在る 道の駅「南国 風良里」を目指し移動を掛けます。

 

夜の市街地を走ります。 写真に写っているのは路面電車の線路です。

f:id:ZiLNoble:20140705213145j:plain

 

行き交う車に混じり路面電車とすれ違いました。 この景色が高知の街です。

f:id:ZiLNoble:20140705214204j:plain

 

街の中心を抜け、県道を走り近道します。 この県道沿いにも路面電車が通っていました。

f:id:ZiLNoble:20140705214616j:plain

 

40分程で 道の駅「南国 風良里」に到着しました。

一旦 駐車場にノーブルを入れてみたのですが、前を通る国道32号線は そこそこの流れで、車の出入りもあります。 車中泊できないことは ないのですが、妻と相談して更にひとつ先の 道の駅「大杉」まで進むことにしました。 「大杉」は峠の途中に在るので、ここよりはきっと静かだろうと予想してです。

 

夜の峠道を登っていきます。

国道32号線は走り易く、時々来る後続車に道を譲りながらノーブルを走らせます。 

我が家のノーブルはガソリンエンジンですが、これまで坂道で力不足を感じたことはありません。 ガンガンとは言いませんが、しっかり登ってくれる頼もしいエンジンです。  上り坂でスピードが上がらないことは有りますが、それ以上に連続したコーナーが苦手です。 コーナーの安定性はお世辞にも良いとは言えません。 それでもノーブルのコーナーリング性能が感覚的に解っていますから、こいつなりに安全に走れる速度で運転していきます。

 

22:45、道の駅「大杉」に到着です。 思ったより早く着きました。

こじんまりした道の駅です。 駐車場の台数も多くは停められませんが、夜遅くのため空いていました。

私達が入庫すると、お一人でツーリング旅なのかバイクに乗った男性が小型のテントを張っていました。 少し雨が降りだしてきたし「風邪ひくなよ」。

 

カーテンを閉めると一気にプライベート空間です。

今日はお風呂に入らずに居たので、シャワー室で 熱くしぼったタオルで身体を拭きました。 このシャワー室と温水ボイラーもお気に入りの装備のひとつです。

 

さっぱりしたところで、高知の商店街で買ってきた食材で夜食にします。

活きのよいカツオのたたき がスーパーで安く売っていました。 それから高知コロッケと焼きそば。 ひろめ市場前のお肉屋さんで買った このコロッケは 凄く美味しい! これもノーブルキャンプではご馳走です。

f:id:ZiLNoble:20140705234912j:plain

 

今日はもう疲れました。 夜更かしせずに就寝です。 

ベッドに横たわると、時々トラックが通る音が気になります。 道の駅に面した峠道は思った以上に車の通りが多い様です。 しかも かなり飛ばしています。

以前にトラックのアイドリング音がうるさくて眠れなかったことがあり、こんな時に備えて百均で耳栓を買っておきました。 耳栓をすると音はまったく気にならなく成りました。

 

翌朝、7:00に起床です。 耳栓のおかげで ぐっすりと眠れました。

今日は朝から雨。 向かいでキャンプしていたライダーの男性も起きだしてテントを畳んでいます。 私達とは違うキャンプのスタイルだけど「きっと それはそれで楽しいんだろうな」なんて思いながら、ノーブルの快適性を改めて痛感します。

 

昨晩は涼しく、クーラーを使わずに済んだのでアンペアは216A残っています。 でも今日は帰宅するので もうアンペアを気にする必用はありません。

 

朝食はヨーグルトと野菜ジュースだけで簡単に済ませて、道の駅「大杉」を後にします。

今日の予定は、高松へ移動して街ぶらを楽しみ、夕方にフェリーで帰路に着く予定です。

高知道に乗ります。 ここから高速を使えば1時間半で高松です。

f:id:ZiLNoble:20140706074759j:plain

 

山間を走っていきます。

緑の高速道路は空いていて流れもよく、運転していて気持ちがいいです。

f:id:ZiLNoble:20140706075315j:plain

 

高知道から高松道へ。

あいにくの雨ドライブですが、眺めの良いノーブルからの景色を楽しみます。

「海が見えるよ!」妻の声で左に目をやります。 瀬戸内の海です。

f:id:ZiLNoble:20140706082510j:plain

 

途中のサービスエリアでノーブルの姉妹車 Zil を見かけました。 こちらが軽く会釈すると手を振ってくれました。 キャブコン乗り同士、嬉しい一瞬です。

 

高速を順調に走り、高松の街に到着です。

いつも停めているコインPに駐車しました。

高松は再開発が進む地方都市で、お洒落な街づくりが好きで 妻と 何度か遊びに来ています。

讃岐うどんを食べてからデパートを見て回ったり、カフェでお茶したり・・・ 雨の中でしたがアーケードが充実しているので傘いらずで遊べました。

 

これでロングキャンプも終わり。 高松-宇野 を結ぶ 四国フェリーに乗って帰ります。

これほど長期の旅は新婚旅行以来です。 ノーブルのおかげでいい旅ができました。 振り返ると反省点もありますが、はじめてのロングキャンプでしたし、大いに満足できる内容でした。

 

16:50 に出港するフェリーを待ちます。

f:id:ZiLNoble:20140706162157j:plain

 

長期のキャンプを経験してみて、ノーブルの実力が解りました。

私的には5日目に一般道で長時間走行したのは疲れましたが、ノーブルの車中泊でストレスを感じることは まったくありませんでした。 むしろ日頃の制約から解き放たれて いい骨休めになりました。

もし同じホテルに一週間も滞在していれば、それなりにストレスを感じるはずです。 でも、ノーブルだと我が家に近い感覚で くつろいで居られるんです。

 

今回のキャンプでサブバッテリーの使い方が解ってきましたし、今後のノーブルキャンプにも繋がる経験ができました。 中日にキャンプ場を利用して給・排水とトイレの処理、ゴミ捨てをできたのも、行程的によかったと思います。

 

17:50、宇野港に上陸して 楽しかったキャンプを名残惜しみながらノーブルで走りだすと、妻から瀬戸内温泉の「たまの湯」に寄っていこう! と提案されました。

いやはや、妻にとっては まだキャンプの途中だった様です・・・

 

こうして初めてのロングキャンプ四国は、妻と二人の楽しい思い出を沢山作って終了しました。 走行距離は634km、燃費は6.59km/Lでした。

 

またいつか時間を作ってロングキャンプに出掛けたい。 北海道とか行ってみたいなあ・・・ そんな夢まで膨らんでくる とてもいい旅でした。 

 

 

広告を非表示にする