読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZiL Noble 白書

バンテックセールス社 ジル・ノーブルの装備と使い勝手をレポートしていきます。

blogタイトルは名ばかりの、あくまでも自己満足な内容ですが よろしくお願いします。

ノーブルの使い勝手、その4(電装系、冷蔵庫とルームクーラー)

ノーブルの使い勝手、その4 

 

1.電装系

ノーブルの電装系は とても充実しています。

トリプル・サブバッテリーですし、家電製品も使える交流変換機を備えているのでキャンプ中でもドライヤーが使えますし、帰宅して掃除する際にも普通に掃除機を掛けられます。 

①発電系

ノーブルはディーゼル車とガソリン車が選べますが、ディーゼル車には初めから130Aのオルタネーターが積んであります。 力強く回るエンジンですから、旅先で少ない移動時間でも しっかりとサブバッテリーを充電できると思います。

 

対してガソリン車は80Aのオルタネーターのため発電量が少なく、キャンプ中は長時間・長距離を走らないとサブバッテリーの充電ができません。 

そこで我が家のノーブルには、オプション設定のTOYOTA純正120Aオルタネーターを積みました。 その分だけ走りと燃費は悪く成りますが、ディーゼル車と変わらずに発電してくれますから お勧めします。

 

更に私は、オプション設定の182Wソーラー発電を積んでいて、薄曇でも発電してくれる高性能なソーラーパネルです。 オルタネーターと比べると発電能力こそ低いもののエンジンを停止中に充電してくれるので便利に感じています。  

特に、週末ごとにキャンプに出掛けても、使う頃には満充電されているので前の晩からサブバッテリーの充電をしておく必要がありません。

 

このソーラーの発電力がどのくらい役に立つかと言うと、お天気なら冷蔵庫の使用電力よりも多く発電してくれます。 ※ノーブルの冷蔵庫は大き目のタイプで結構電気を食います。 このためサブバッテリーはジワジワと消費されてしまいます。 

 

以前、真夏の道の駅で日陰を選んで停めたのですが、ルームクーラーの消費電力が大きいために見るみる間にサブバッテリーは減っていきました。 ノーブルはFRPで出来ているために外気の影響を受けにくい特性がありますから、こんな日は むしろ お日様が燦々と当たる場所に駐車してソーラー発電させた方がいいと思います。

 

②電装系は二系統

ノーブルの電装系は直流と交流の二系統に分かれています。

 

②‐1 直流系

直流系の元スイッチはエントランス内と運転席の2カ所にあります。 運転席からも操作できるので便利に感じる時があります。

照明類・冷蔵庫・換気扇・水周りポンプ・ベンチレーターはこちらの系統に成ります。

 

②‐2 交流系

ノーブルのインバーター(交流変換機)は大容量で、標準装備のルームエアコンは勿論、ドライヤーや掃除機など、コンセントから電気を取る家電類なら何でも使えます。

我が家のノーブルは、営業担当Mさんのお勧めでTV用にオプションの小容量インバーターを付けました。 TV台にコンセントを設けてあり、TVの他に携帯電話の充電にも使っています。

 

③サブバッテリー

サブバッテリーはトリプルで300Aの容量があります。

と言っても300A全てを使えるのではありません。 100Aが下限の目安で、それ以上使っていくと どこかのタイミングでバッテリープロテクターが作動するそうです。

 

300Aあると、ルームクーラーを使わない時期なら、冷蔵庫や照明・TV等を気にせずに使えます。

電気食いのルームクーラーを使う場合は自然とアンペア計が気になります。 クーラーを入れると、見るみるうちにアンペア計は減っていきます。 それでも一晩なら問題なく使えるだけの容量はあります。 但し、連泊となると充電と節電に気を遣いながらの旅に成ります。

 

ひと夏ノーブルを使ってみて解ってきたのですが、猛暑日にルームクーラー間欠運転12時間と諸々の電気類で、一晩に使うアンペアは150Aくらいです。 

クーラーが一番電気を食いますが、冷蔵庫も そこそこ食います。 真夏だと冷蔵庫だけで一晩に40~50Aくらいは食っていると思います。

 

サブバッテリーの充電ですが、電気の特性は多い方から少ない方に流れます。 そしてその差が大きいと流れ易く、小さいと流れにくく成ります。

連泊する時、精神的には出来るだけ満充電の300Aに近づけたいのですが、250Aを上回って270Aあたりからそれ以上に成ると充電速度がゆっくりに成ります。

アイドリングで充電する際には270Aまで充電するよりも、250Aまでに留めて100Aに近付いてきてから再充電する方が燃料&時間効率はいいです。 この事が解ってからは神経質に充電を意識しなくなりました。

 

真夏の条件でも前述をふまえると、日中に250~260Aまで充電できれば夜は静かにキャンプ出来ます。

 

2.冷蔵庫とルームクーラー

①冷蔵庫

冷蔵庫は嬉しい装備です。 容量は90Lあり、大人3名の食材を3食分は入れられます。

製氷室付きなので、ロックアイスや、冷凍食品・アイスクリームまで詰めるんです。

 

設置場所がキッチン下で、ちょうど便利に使えます。 料理をしていても かがめば冷蔵庫内を見渡せますし、リビングとベッドルーム導線の中間にあるので どちらからも取り出し易い位置です。

 

よく冷える冷蔵庫ですが、真夏だと冷え切るまでに結構な時間が掛かります。 キンキンに冷やすなら5時間くらいでしょうか。 家を出発時に冷えたものを積みたい時には前の晩から電源ケーブルを繋いで冷やしておくといいです。

私は面倒くさがりなので出発時にスイッチを入れます。 それでも2時間もすれば冷えだしますから、あとは旅先で冷えた飲料やロックアイスを購入して詰め込んでしまえば大丈夫なんです。

 

②ルームクーラー

ノーブルのルームクーラーは 今どきのお掃除機能付で、静かで良く効きます。 真夏でも数分で涼しく成ります。 ベッドルームに設置されているので就寝時は寒いくらいに効きます。

 

エンジンを止めたまま真夏の日中から夜中までずっと使うことは出来ません。 そこまではサブバッテリーの容量が無いんです。 

真夏の猛暑日に車内の電装設備だけで連泊してゆくことは、サブバッテリーの充電を考慮すると大変です。 毎日、走行で十分に充電しなくては成りません。

でも そんな時期は夏場の半月間くらいですから、割り切ってキャンプ日を少しずらすか、涼しい高原に行くか、あるいはRVパーク等 外部充電のある施設を併用利用するのが得策です。

 

夏場こそ電気に神経を使う旅に成ることもありますが、ノーブルは通年快適に使える とても晴らしいキャンピングカーです。

 

今回のレポートを終わります。

 

 

 

広告を非表示にする