読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZiL Noble 白書

バンテックセールス社 ジル・ノーブルの装備と使い勝手をレポートしていきます。

blogタイトルは名ばかりの、あくまでも自己満足な内容ですが よろしくお願いします。

紅葉を探して小さなダム湖でデイキャンプ

11月半ば、秋も深まり今週末が紅葉の見頃です。

今日は妻が仕事のため、母と二人で紅葉を楽しみに出掛けます。

 

いつもの通りにノーブルの準備をします。

もう、すっかり手慣れた作業に成りました。

 

こちらは、寝心地が最高のベッドルームです。

ベッドとしてだけでなく+1ルームとして使えるので、一人がリビングでTVを観ていて もう一人はベッドルームで読書したり・・・・ このベッドルームの おかげで家族それぞれのペースを崩さずに過ごせるんです。

f:id:ZiLNoble:20141122103038j:plain

 

頼んでいたオプションのレースカーテンが付きました。

出掛けた先の駐車場での出来ごとですが、ノーブルに興味があるのか じっくりと見ている方が居まして、仮眠を取り終えて起きあがったら目が合ってしまい、なんとも気まずい経験をした事がありました。

ロールスクリーンの白い網戸と このレースカーテンを重ねて使うと、外から覗かれる心配がなくなりました。 生地もリビングのカーテンと統一していて気に入っています。

 

ベッドルームの収納です。

f:id:ZiLNoble:20141122111126j:plain

 

こんな具合に生活用品が収まっています。

f:id:ZiLNoble:20141122111107j:plain

 

こちらは妻のクルクルドライヤー。 ノーブルは、家庭用100V電源も標準装備なのでドライヤーが普通に使えます。

f:id:ZiLNoble:20141122111204j:plain

 

ベッド入口下の引出し収納です。 二段に成っています。

f:id:ZiLNoble:20141122110951j:plain

f:id:ZiLNoble:20141122110657j:plain

 

ノーブルは収納力が十分あります。 そのため、上の引出しは空の状態です。

f:id:ZiLNoble:20141122110822j:plain

 

下の引出しには天板が付いていて、ベッドに上がるステップとして使えます。 ノーブルのベッドルームは高さがあるので、いつも便利に使っています。

f:id:ZiLNoble:20141122110910j:plain

 

このままではシャワー室のドアを開らけないので、干渉しない程度に(足を置ける分だけ)引出して使います。 

f:id:ZiLNoble:20141122110618j:plain

 

準備完了です。 さあ、出掛けましょう!

今日のデイキャンプ地ですが、週末なので どこに行っても混んでいそうです。

へそ曲がりの私ですから、なるべく人が来ない場所を考えます・・・・ そして思いついたのが、岡山県高梁市に在る楢井(ならい)ダムです。 

Google Map を頼りに直感で選らんだ 初めて行く所ですが、ここは岡山自動車道の賀陽ICを降りてすぐに在る小さなダム湖で、知名度もなく、きっと静かにキャンプできるだろうと期待しています。

 

足の悪い母をサードシートに乗せて、山陽道から岡山道へ。

道中の景色は紅葉のピークで、母との会話を弾ませてくれます。

我が家のノーブルはガソリンエンジンでして、静音性が高くサードシートに座る母と普通に会話ができます。

 

賀陽ICを降りると国道沿いの山は いい感じに紅葉していました。

f:id:ZiLNoble:20141122125010j:plain

 

ススキの穂が光かる、のどかな景色が広がります。

f:id:ZiLNoble:20141122125144j:plain

 

国道を走ること10分程で楢井ダムに到着しました。

f:id:ZiLNoble:20141122131518j:plain

 

思った通り、誰も居ません。

静かな山の中の、鳥がさえずる小さなダム湖です。 ただただ紅葉が綺麗です。

f:id:ZiLNoble:20141122130028j:plain

 

「ちょっと外で写真を撮ってくるからね」

「あんまり遠くに行っちゃ駄目だよ」

母は誕生日に買ってあげたデジカメを片手に、リハビリがてらの散歩に行きました。

 

私はノーブルのキッチンで昼食を作ります。

今日はシャトルシェフでご飯を炊いて、持ってきたハヤシライスを温めれば完成です。 母が喜んでくれればと昨夜のうちにハヤシライスを煮込んでおきました。

f:id:ZiLNoble:20141122131838j:plain

f:id:ZiLNoble:20141122133328j:plain

 

ご飯が炊ける少し前に母が戻ってきました。

「凄い綺麗な写真が いっぱい撮れたよー」と、喜んでいます。

「よかったねー、丁度ご飯が出来たよ」

インスタントなカップスープも添えて、本日の御馳走が完成です。 

f:id:ZiLNoble:20141122141305j:plain

 

母と二人、水入らず。 リビングの窓から紅葉を眺めながらハヤシライスを食べました。

「美味しいねー、キャンピングカーで食べるのがお母さんは一番美味しい。 いつも色々な所に連れて行ってくれてありがとう。」

母が喜んでくれて よかった。 少しは親孝行できているのかなぁ。

 

母と日が傾くまで、ノーブルのキャビンで のんびりと過ごしました。

TVを観たり、昼寝したり、紅葉の写真を撮ったり・・・・

f:id:ZiLNoble:20141122150758j:plain

f:id:ZiLNoble:20141122130852j:plain

 

「さあ、そろそろ帰ろうか」

帰り道、備前の片山湾を通ります。

夕日の湾にカキ筏、なんともドラマチックな締めくくりでした。

f:id:ZiLNoble:20141122164911j:plain

 

「もう少し遊んでから帰ろうよ」

えっ、いやはや、86歳の母ですが まだまだ元気です。

「じゃあ、もう少しだけね」母に甘えられて、近場の港で道草です。

コンビニでアップルパイを買って、珈琲を沸かして・・・・

f:id:ZiLNoble:20141122174855j:plain

 

今日も とってもいいデイキャンプに成りました。

ノーブルは いいなあ。 ホントに楽しいです。

 

母はキャンプが大好きです。 

「若い頃は随分と心配ばかり掛けてきました。 これからは、ノーブルで色々な所に連れて行ってあげて、少しでも親孝行したい」

そう思いながら帰路に就きました。

 

 

 

広告を非表示にする