ZiL Noble 白書

バンテックセールス社 ジル・ノーブルの装備と使い勝手をレポートしていきます。

blogタイトルは名ばかりの、あくまでも自己満足な内容ですが よろしくお願いします。

母と公園で、つかのまのミニキャンプ

今日は仕事の合間に、 少しの時間が作れました。

以前なら 近所のカフェに出掛けていたのですが、ノーブルを買ってからは楽しみ方が変わりました。

 

お天気は今ひとつですが、母を誘いノーブルで近場の公園に出掛けました。

秋も終わりで景色は寂く感じますが、四季がある日本ならではです。

どこにでも在りそうな大きな池が在る公園です。 それでも、ノーブルで出掛ければ 着いた先が最高のキャンプ場です。

f:id:ZiLNoble:20141126122408j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126122501j:plain

 

今日の記事は、私なりのキッチン活用方法をご紹介します。

キャブコンのキッチンは狭くて家庭の台所のようには使えませんから、調理器具をキャンピングカーに合わせて揃えたり、調理方法を工夫して効率よくすることがストレス無く調理を楽しめるコツです。

 

まず、シンクに合う調理器具を揃えましょう。

f:id:ZiLNoble:20141126134044j:plain

 

例えば、まな板はシンクにすっぽり収まる範囲で最大の物を買うといいです。

鍋類も同様に洗えることを考えて買いました。

私はシャトルシェフを愛用しています。 内鍋の大きさをコンロにも合わせて小・中と二つ揃えました。 ※写真はシャトルシェフ中鍋。

f:id:ZiLNoble:20141126124033j:plain

 

やかんは底が平らの方が熱効率がいいです。 笛が沸騰を教えてくれる古典的なやかんですが、すぐに沸くので重宝です。 ちなみに300円也。

f:id:ZiLNoble:20141126124233j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126123938j:plain

 

収納を考えて、大小のスプーン・フォーク・ナイフ・お箸は ひとまとめに。

特にお箸は、キャンピングカーの水平が取れない時でも転がらない様にと、太くて角ばっている物を選びました。

f:id:ZiLNoble:20141126133608j:plain

 

食器類は落としても割れない素材で統一しました。 母と妻と私で、色分けして個人専用にしています。

f:id:ZiLNoble:20141126133745j:plain

 

洗い物は水きりカゴではなく、吸水・速乾性の良いマットタイプを選びました。 折畳めるので しまう場所を取りません。

ふきんも同様に吸水・速乾性の良い物を使っています。

f:id:ZiLNoble:20141126135220j:plain

 

調理器具や食材などを置くスペースを確保します。

どのキャンピングカーでも必ず空いたスペースがあると思います。 そのスペースを有効利用しましょう。

ノーブルの場合はキッチンと隣り合わせたベッドが、広大なスペースです。

ベッドに諸々を直接置きたくないので、防水のシートを敷いています。 コンパクトに丸めて しまえるタイプです。

f:id:ZiLNoble:20141126122708j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126123027j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126122925j:plain

 

そして、何と言っても料理中に便利なのがキッチンペーパーです。 必需です。

食器から、汚した床まで なんでもサッと拭けて衛生的ですし、手返しを考えれば使い捨てですがお安いものです。

f:id:ZiLNoble:20141126124759j:plain

 

 

 

Noble Kitchens 「簡単で美味しい、日本そば」

 

本日のノーブル・キッチンズは、シャトルシェフを使って日本そばを作ります。

f:id:ZiLNoble:20141126131036j:plain

 

今回、そばは乾麺を使います。 乾麺は、保存食なのでキャンピングカーには打って付けの食材です。

薬味は一味唐辛子だけ! 一般的に そばの薬味は 刻みネギ・刻み海苔・ワサビ・うずらの卵などを用意しますが、市販の麺つゆに生卵を入れると一味唐辛子だけでも最後まで飽きずに食べられます。

 

材料=日本そば(乾麺)・市販の麺つゆ・生卵・一味唐辛子

f:id:ZiLNoble:20141126123335j:plain

 

1.シャトルシェフの内鍋でお湯を沸かします。

沸騰したら そばを入れて、麺同士がくっ付かない様に箸で回しながら再沸騰させます。

f:id:ZiLNoble:20141126125438j:plain

 

2.シャトルシェフの真空調理器に内鍋を入れて、保温調理を開始します。

f:id:ZiLNoble:20141126125639j:plain

 

3.キッチンタイマーで時間を計ります。 既に内鍋が再沸騰するまで煮ているので、包装袋に記されている茹で時間から1分~1分30秒程 差し引いて計ってください。 こうすると腰のある そばが茹だります。

f:id:ZiLNoble:20141126125814j:plain

 

4.タイマーが鳴ったら、ざるで湯切りします。

 

5.鍋に そばを戻し、ぬめりを取る様に揉みながら水洗いします。

f:id:ZiLNoble:20141126130340j:plain

 

6.[ざるで水切り⇒鍋で水洗い]を数回繰り返して そばを締めます。 

f:id:ZiLNoble:20141126130651j:plain

 

7.そばが締ったら お皿に盛ります。 指先を使って、そばを一口サイズにクルクルっと丸めてあげると 可愛くて食べ易くなります。

f:id:ZiLNoble:20141126130910j:plain

 

8.市販の麺つゆ(濃縮タイプ)を生卵で延します。

※今回は濃縮タイプを使っていますが、ストレートタイプには お醤油をプラスして味を調えてください。

f:id:ZiLNoble:20141126125238j:plain

 

卵のとろみが残るくらいに溶くと、そばとつゆの絡みが良く、口当たりも まったりとして美味しいです。

f:id:ZiLNoble:20141126125345j:plain

 

一味唐辛子を添えて、簡単で美味しい「日本そば」が完成です。

生たまごでコクが増すと、最後まで飽きずに食べられます。 一度、お試しください。

f:id:ZiLNoble:20141126131028j:plain

 

母は日本そばが大好きです。

私は、若い頃は うどん派だったのですが、近頃は そば好きに成りました。

「おそば、美味しいねー」 喜ぶ母の笑顔を見ていると、私も嬉しい気持ちに成りました。

 

後片付けです。

ノーブルにはボイラーがあるのでお湯が出ます。

ささっと洗って、吸水・速乾性の高いマットに並べます。

f:id:ZiLNoble:20141126133140j:plain

 

吸水・速乾性の高い ふきんで ひと拭きして、片付けは完了です。

f:id:ZiLNoble:20141126133316j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126133425j:plain

 

公園の池には水鳥が沢山来ていました。

f:id:ZiLNoble:20141126140726j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126143911j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126143024j:plain

f:id:ZiLNoble:20141126140859j:plain

 

「仕事があるから、おだんご食べたら帰ろうか」

f:id:ZiLNoble:20141126140255j:plain

 

つかのま でしたが、母と水入らず。

ノーブルで少しだけど親孝行できた気がします。

「次の休みには もっと遠くまで連れていってあげるからね」そんな約束を母にして、公園を後にしました・・・・

 

 

 

広告を非表示にする